2015年06月17日

相手を不快にしやすいNG英語表現7つ





■1:それは変だよ

何かおかしなものを見せてもらったとき、「That’s strange.(それは変だよ)」と指摘したくなりますよね。しかし、この表現だと”軽蔑の気持ちが込められているように聞こえる”ので要注意です!

相手を尊重しつつ遠回しに否定するなら、「That’s unusual.」がベター。これで「それは珍しいですね」「変わってますね」といったニュアンスになるので、印象が大きく変わります。



■2:できません

何かがどうしてもできないとき、ありますよね。けれども、「No, I can’t.(できません)」と言ってしまうと、あまりにもストレートすぎます。

誘ってくれた相手を思いやる気持ちが込められた”丁寧でやわらかい印象の断り方”をしたいなら、「I wish I could.」がいいです。こちらは、「そうできればいいのですが、できないのです」というニュアンスになります。



■3:助けていただけますか?

何かに困って、ちょっとした簡単な助けが必要なときは「Could you help me?(助けていただけますか?)」を使いがち。しかしこれは、状況が深刻で、真剣に助けてほしいときの言葉です。

よって、「Could you help me out?」が理想的。help outが「一時的に手を貸す」という意味なので、「ちょっと手を貸していただけませんか?」といったニュアンスになります。



■4:結構です

食事や飲み会に誘われたときは、「No.(結構です)」と答えると”つっけんどん”な印象を与えてしまいます。下手すると、上から目線の「嫌な奴」と思われる可能性も……。

この代わりに「Nah.」を使うと、「いや〜、今回はちょっと遠慮しておきますよ」といったニュアンスになるので、「No.」よりもぐっとソフトな感じに聞こえます。



■5:ちょっと待ってください

レストランでウェイターが注文を取りにきたときに使うのは、「We’re not ready.(ちょっと待ってください)」でしょうか。

これでもいいのですが、quietをつけて「We’re not quite ready.」にすると、もっとやわらかい印象になりますよ。

not quietは「まったく〜とは言えない」という意味なので、「もうちょっとだけ待ってください」といったニュアンスです。



■6:言いたくない

何か意見を求められたとき、「I don’t want to talk about it.(言いたくない)」と答えると、ぶっきらぼうに聞こえてしまいます!

最初のI don’t want to〜を、I’d rather not〜にしてみましょう。つまり、「I’d rather not talk about it.」。これで、「言うのは遠慮させてください」「あまり言いたくないのですが……」となり、落ち着いた断りフレーズになります。



■7:それは嫌いなんです

食べられないものをすすめられてしまったとき、「I don’t like it.(それは嫌いなんです)」と言って断るのは、ちょっと語調がきつめなので避けた方がいいです。

文頭にI’m afraid「残念だけど〜or申し訳ないのですが〜」をつけて、「I’m afraid I don’t care for it.(申し訳ないのですが、あまり好きではありません)」と断る方が、落ち着いた感じになります。

ちなみにcare for〜は「〜を気に入っている」という意味です。


引用元   知らずに使うと嫌われる!相手を不快にしやすいNG英語表現7つ






posted by el at 22:06 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キスマイ藤ヶ谷の「売られる」女性関係






 6月4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、女優の瀧本美織(23)との密会が明らかになったジャニーズの人気アイドルグループKis-My-Ft2のメンバー・藤ヶ谷太輔(27)。密会が報道された前後数日間は、藤ヶ谷のファンが次々と<担降り>を宣言、そのワードがTwitterを賑わせた。瀧本のブログコメント欄も、なかなかに荒れた。

 それからおよそ2週間、またまた藤ヶ谷がらみで検索が急上昇しているワードがあるようだ。それは<滝沢結貴>。おそらく多くの人が「それって誰?」と思うところだろうが、彼女こそが藤ヶ谷の本命なのだ……と、「週刊女性」(主婦と生活社)が大きく報じている。突如その存在がクローズアップされた滝沢結貴とは、25歳のモデル兼ジュエリーデザイナーだそうである。

 藤ヶ谷と瀧本の熱愛報道後、2人の所属事務所はスポーツ誌などの質問に対して「プライベートなことなのでコメントできません」と回答し、肯定も否定もしなかった。これを事実上の「交際宣言」ととるファンも多く、ネット上では「ドラマ共演時からの一途愛だから、好感度がある」と交際を認める祝福コメントも多く見かけられていたのだ。「週女」も、9日発売の号ではこの熱愛を取り上げ、ジャニーズ事務所の先輩であり、藤ヶ谷が尊敬して常々意識しているというSMAP・木村拓哉(42)のように結婚の可能性もあるのではないかとまで書かれていたのだが……。本日16日発売の同誌では一転、まるで結婚予測などなかったことのように、藤ヶ谷の本命女性の存在をスクープしている。

 で、検索ワード急上昇中の滝沢結貴とはどんな人物なのか――。藤ヶ谷と同じ高校の1学年後輩だったという滝沢。藤ヶ谷は小学5年生でジャニーズ入りしており、高校は全国にキャンパスを持つ通信制に進学していた。滝沢は大学在学中の2009 年にドイツで106年の歴史を持ち、海外セレブに人気だというジュエリーブランド『Grosse(グロッセ)』のセレブカジュアルライン『GrosseGlace(グロッセ・グラッセ)』のデザイナーに就任。さらに「ELLE girl」(ハースト婦人画報社)のオフィシャルキュレーターでもあり、「JJ」(光文社)や「美人百花」(角川春樹事務所)などのファッション雑誌で“おしゃP(おしゃれプロデューサー)”として活躍しているようである。彼女の公式ブログをのぞいてみると、なるほど計算しつくされた完璧な自撮り写真のオンパレード、自己プロデュース能力が高そうな女性だ。カラコンにかなり明るめの茶髪で、黒髪薄化粧の清純派女優・瀧本とは対照的な容姿。その見た目に「ギャルみたい」「瀧本のほうが好感度ある」「チャラそうで、太輔の好きなタイプに思えない」などネットではさっそく言いたい放題の模様だ。

 だが「週女」によれば、藤ヶ谷と滝沢は高校時代から交際。滝沢は現在都内のマンションでひとり暮らしのようだが、実家に住んでいた頃は実家デートもしていたそう。藤ヶ谷も、滝沢と弟や母親といった組み合わせで食事をすることもあったのだとか。すでにお互いの家族にも紹介済みというわけだ。最近のデートはもっぱらお互いの住むマンションを行き来しているようで、滝沢が手料理を振る舞っているというのだが……。

 なんとなく、妙である。瀧本との密会を撮られてから、2週間も経過していない。わずかな間に、藤ヶ谷の“本命彼女”情報をここまでバッチリ得るには、かなり協力的な情報提供者の存在が不可欠だ。そして同誌には、藤ヶ谷が知人に語ったという「俺はジャニーズだからなかなか結婚できないと思うけど、一緒にいたいと思うのはアイツ(=滝沢)なんだよね」とのコメントや、瀧本との熱愛報道が出たことに対して藤ヶ谷が滝沢に「明日、週刊誌に載ります。ごめんなさい。でも瀧本さんとはただの友達です」と謝罪メールを送ったことなども書かれている。謝罪メールの内容なんて、滝沢が誰かに伝えなければ漏れようがない。要するにこの記事は、滝沢サイドが「本命彼女は、私です!」と堂々宣言したようなものなのである。

 こうなると、ジャニーズ事務所がどのような態度に打って出るのか俄然気になるところだ。余計な情報を流しおって……と怒り心頭か、それともキスマイの話題性UPでお咎めなしか。滝沢が藤ヶ谷にとって正真正銘“本気”の熱愛相手だとしたら、藤ヶ谷は彼女をかばいたてするだろうが、逆に、藤ヶ谷が彼女との恋にもう冷めかけていたとすれば、別れのキッカケになりかねない。滝沢はイチかバチかの大勝負に出ているのだろう。

引用元  本命はおしゃP? キスマイ藤ヶ谷の「売られる」女性関係





posted by el at 22:00 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「キモくて金のないオッサン」は自己責任




■ ネットで目につく厳しい「自己責任論」

「救済」がテーマになっているのは、女性や子どもの貧困が社会問題化される中で、「キモくて金のないオッサン」という中年男性層の困窮がしばしば「自己責任」で片付けられてしまうからだ。前出の記事でも、ニコニコニュースやBLOGOSのコメントでは、「オッサン」に対して厳しい意見が多く見られる。

”「そこまで困窮する前にどうにか出来んかったのか? せめて幾らかでも貯蓄しとけばよかっただろうに、若い頃は金遣い荒かったんじゃねーの?」

「結果を残せなかったらから40代でクビ、もしくは会社の倒産の原因になったって事。もっとがんばりやー」

「自分の蓄えが無くなったら、基本的には死ぬことを考えるでいいんじゃないの?」”

こんなふうに「救われない」のはなぜなのか。番組でやまもと氏は、職がない、身寄りがない、キモい、金がないなど「自己肯定のパーツ」がないオッサンほど弱者になりやすいと指摘する。

”「カワイイ動物は、絶滅危惧になったときに支援されやすい。アトラクティブ(魅力的)な社会的属性があればあるほど『あなたは弱者ですね』と認められやすいんです。(キモくて金のないオッサンは)可視化されても救済されない」”


■ 速水氏は「カリスマ性のあるオッサン」を待望

確かに支援の対象として「オッサン」は魅力的でないかもしれない。「救わなければ」という気持ちをかきたてる対象でもない。その「どうしようもなさ」の理由を、やまもと氏はこう解説する。

”「共感を得るに当たっては、『やむにやまれずそこに至った』という悲壮感がなければいけない。さらに『なぜ救わなければいけないか』という大義名分が必要」”

そうした悲壮感が可視化されておらず、もし可視化しても「自己責任」で片付けられるオッサンは救われにくい。そうなると、キモくて金のないオッサンは、残り数十年の人生をどのように歩んでいけばいいのか。

番組では具体的な解決策は提示されなかったが、キーワードとして「組織化」「連帯」といった言葉が出た。現状では、困窮したオッサンたちが組織になっても社会的なムーブメントにはなりにくい。しかしロールモデルとなるような「マネジメント能力の高いオッサン」が出てきたら、変わる可能性がある。

”「キモくて金がないけど、カリスマ性のあるオッサンが出てきたら、政治的な運動になるかもしれない」(速水氏)

「それなりの政治勢力になるときには、指導者がいて、束ねる人たちがいて、事務局ができて、ちゃんとお金も回って初めて組織化できる」(やまもと氏)”

この特集にツイッターでは「いや…耳が痛い」「基本絶望しているのであとはできるだけ早く死にたい」「全般的に『甘え』の一言で粉砕されるような勢力だからなあ」といった、諦めを含んだ声が多い。


引用元  「キモくて金のないオッサン」は自己責任? どうしたら「救済」されるのか





posted by el at 21:56 | Comment(0) | おもしろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実業家・神田うのに「自分で子育てしろ」の大バッシング





 今月初旬、ベビーシッターによる窃盗事件を公表した神田うの(40)。3歳の娘、通称「こうのちゃん」の世話をしてくれていた4人のベビーシッターのうち、最も娘がよく懐き、うのも信頼を置いていたシッターが、うの宅に保管されていたエルメスのバーキンや宝飾品を盗み、転売していたという。うのは昨年1月に警視庁赤坂署に被害届を提出し、捜査を経てシッターの女性が逮捕され起訴、裁判となり、5月14日の法廷で懲役2年4カ月の実刑が言い渡された。被告は控訴している。

 うのはこの件について、「娘に申し訳ない」と報道陣を前に涙を流したが、被害者であるにもかかわらず「同情できない」と大バッシングを浴びている。6月11日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、「4人もシッターを一雇うなんて子育て放棄だ」「ブランド品をちゃんと保管しないほうが悪い」といった炎上内容を紹介し、「(うのの実際の生活は)高級ブランドの日本法人の社長などと会食に行くことが多い」「人脈を広げるという名目で、デザイナーのドン小西と一緒にいろんなパーティに出ている」と芸能関係者の言葉を掲載。「そんな状態で、果たして子育てはできているのか」と疑問を呈している。

◎うのだから叩いていいの?

 以前、messyで『長谷川京子の離婚報道に見え隠れする「金持ちの妻は働くな」の抑圧』と書いたが、うのの場合もこの類型と言えるだろう。彼女が結婚した相手は、年商約1700億円のパチンコ関連企業「日拓グループ」の社長・西村拓郎氏。うの自身、結婚前からストッキングやウェディングドレスを展開する実業家として活躍し、巨額の富を築いている。しかし「だからもう、これ以上稼ぐな」とか、「お金があるのに、子育てを他人に任せて仕事するなんて無責任」とか、他人が批判することこそ無責任なのではないだろうか。

 ネット上でも、「家で子供と一緒に過ごす生活は、地味だけど母親として当然の務め。華やかなライフスタイルを改められないなんて母失格だ」と、彼女を非難する向きは実に強い。個人的にも、「シッター任せにしているくせに、テレビで子育て論をぶらないでほしい」という意見にはちょっと同意するところもあるし、彼女がレギュラー出演するワイドショーで世間知らずな発言を繰り返している点に関してはもちろん擁護できない。しかし、幼い子供を持つ母親は、生活費に困っていない限り、働く権利がないのだろうか。

 うのが「仕事大好き」であることや、人脈づくりに勤しむことが、なぜあたかも“悪い母親”であるかのようにジャッジされるのか、理解に苦しむ。現在以上の事業成功と発展を望み、働き続けてはいけないのか。うのの鼻持ちならないキャラクターがバッシングを誘発していることも確かなのだろうが、そもそも「叩いてもいい女」などいないだろう。

◎『そんな状態で、果たして子育てはできているのか』

 この一文の罪深さよ。大体、うの夫妻は「4人のシッターをシフト制で雇用してきた」わけだから、十分に「そんな(仕事が忙しい)状態で、子育てしてきた」と言えるはずなのだが、どういうわけか「母親自身が育児担当でない以上、子育てできているとは言えない」と断罪される。現代社会で、女性が「仕事をしたい。家族を持ちたい」というごく普通のことを同時に叶えようとすると、四方八方から想像以上の銃弾を浴びる。片や男性もイクメンであれと要求され、「子育て」のハードルは上がり続けている。そして変わらず出生率は下がり続けるだろう。

引用元   実業家・神田うのに「自分で子育てしろ」の大バッシング。「会食やパーティー三昧」は“母失格”なのか





posted by el at 21:53 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。