おっぱいは大きさがすべてじゃない、モチモチ肌の美乳は作れる



自分のおっぱいに悩む女性はとても多く、その大半は「とにかくおっぱいを大きくしたい」と願っているのではないでしょうか。
でも、おっぱいは、ただ大きければ美しいのでしょうか? 答えはNO。
美乳の条件として重要なポイントはズバリ「全身のバランス」「バストトップの位置」「ハリと弾力」「肌質」です。

■1.全身のバランス
おっぱいの約9割は脂肪です。おっぱい以外の部位に脂肪が少ないのに、おっぱいだけが大きいと、なんとなく全身のバランスも悪くなります。
細身の人であまり胸が大きくなくても、バランスが良く、キレイに見えることがあります。
身長や骨格によってバランスのとれる大きさが異なるので、必ずしも「巨乳イコール美乳」ではないのです。
また、顔が大きい・腕が太い・くびれがない人はおっぱいが小さく見えがちです。

■2.理想位置のバストトップ
「デコルテ付近が寂しくなってきた」「胸が削げてきた」というお悩みを耳にしますが、それは、おっぱいが下垂しているから。
おっぱいの形にはお椀型・円錐型・皿型などがありますが、なにより、垂れていないことが重要です。目安はバストトップが肩と肘のちょうど真ん中くらい。
猫背が改善されるだけでもバストトップの位置は上がるので、まずは姿勢を意識してみましょう。
左右のおっぱいが離れていることに悩む人も多いのですが、もともとの骨格でバストトップの位置が外側にあるケースもあります。特に日本人には多いと言われていいます。でも、わきの下あたりの筋肉が凝っていることが原因でおっぱいが外側へ引っ張られていることもあるので、気になる人はおっぱいの外側あたりをマッサージしてみて。

■3.ハリと弾力
大きくても硬いおっぱいは魅力的ではありません。小さくてもほどよいハリと弾力があるふっくらおっぱいが美乳といえます。
硬いかも? と思う人は、おっぱいを包み込むようにやさしくマッサージをしてあげましょう。その際はおっぱいを不要に揺らさないよう、片手で理想の位置に持ち上げておこなってくださいね。
乳腺のハリが失われてくる30代後半や授乳後の女性は、土台となる大胸筋を適度に鍛えて補うのもオススメです。

■4.肌質
触りたくなるようなモチモチ肌をキープすることも大切ですね。どんなに形がよくても、カサカサしたおっぱいは魅力半減です。また、シミだらけのデコルテゾーンもNG。
おっぱいも腕や脚と同様に保湿や紫外線対策をしてあげてください。

以上のように、おっぱいが大きくても、硬かったり、垂れていたり、カサカサ肌だったら、美乳とは言えません。逆に、小さくても、全身のバランスがとれていて、もっちりしていて、ツンと上向きで、しっとりお肌のおっぱいだったら、魅力的ですね。おっぱいの大きさに悩んでいるあなたも、きっと美乳になれるはず!





引用元   おっぱいは大きさがすべてじゃない、モチモチ肌の美乳は作れる





この記事へのコメント