2015年06月21日

広瀬すず、”スタッフ軽視”発言を謝罪






 女優の広瀬すず(17)が19日、自身のツイッターを更新。きのう放送の番組での“スタッフ軽視”発言について、「いつもお世話になっているスタッフの方々に誤解を与えるような発言をしてしまい申し訳ありませんでした」謝罪した。

【写真】広瀬すず、姉のアリスと制服姿で男子校にサプライズ登場

 広瀬は18日、フジテレビ系バラエティー『とんねるずのみなさんのおかげでした』(毎週木曜 後9:00)の「食わず嫌い王決定戦」に出演。「冷めててドライなんですよ」と自分の性格を分析し、「(電飾を)あんな高いところにかけた人は一生懸命やってるんだな」と感じている、と明かした。

 MCのとんねるず・石橋貴明から「テレビ局で働いている照明さんなんか見るとどう思うの?」と聞かれると、「どうして生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」と回答。続けて、音声スタッフについても「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?と考えちゃう」「大人になって年齢を重ねると共に、本当に…声を録るだけでいいの?」と語った。

 この発言を受け、ネットでは「裏方のスタッフを軽視している」と批判的コメントが続出。一部スポーツ紙などが取り上げ、広瀬のツイッターへ直接クレームをつけるユーザーも現れた。

 これらの騒動を受け、広瀬は「先日放送された、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の中で、私の軽率な発言がありました。いつもお世話になっているスタッフの方々に誤解を与えるような発言をしてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪。「本当にごめんなさい」と反省の意を示した。


引用元  広瀬すず、”スタッフ軽視”発言を謝罪「軽率な発言がありました」





posted by el at 00:54 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月17日

キスマイ藤ヶ谷の「売られる」女性関係






 6月4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、女優の瀧本美織(23)との密会が明らかになったジャニーズの人気アイドルグループKis-My-Ft2のメンバー・藤ヶ谷太輔(27)。密会が報道された前後数日間は、藤ヶ谷のファンが次々と<担降り>を宣言、そのワードがTwitterを賑わせた。瀧本のブログコメント欄も、なかなかに荒れた。

 それからおよそ2週間、またまた藤ヶ谷がらみで検索が急上昇しているワードがあるようだ。それは<滝沢結貴>。おそらく多くの人が「それって誰?」と思うところだろうが、彼女こそが藤ヶ谷の本命なのだ……と、「週刊女性」(主婦と生活社)が大きく報じている。突如その存在がクローズアップされた滝沢結貴とは、25歳のモデル兼ジュエリーデザイナーだそうである。

 藤ヶ谷と瀧本の熱愛報道後、2人の所属事務所はスポーツ誌などの質問に対して「プライベートなことなのでコメントできません」と回答し、肯定も否定もしなかった。これを事実上の「交際宣言」ととるファンも多く、ネット上では「ドラマ共演時からの一途愛だから、好感度がある」と交際を認める祝福コメントも多く見かけられていたのだ。「週女」も、9日発売の号ではこの熱愛を取り上げ、ジャニーズ事務所の先輩であり、藤ヶ谷が尊敬して常々意識しているというSMAP・木村拓哉(42)のように結婚の可能性もあるのではないかとまで書かれていたのだが……。本日16日発売の同誌では一転、まるで結婚予測などなかったことのように、藤ヶ谷の本命女性の存在をスクープしている。

 で、検索ワード急上昇中の滝沢結貴とはどんな人物なのか――。藤ヶ谷と同じ高校の1学年後輩だったという滝沢。藤ヶ谷は小学5年生でジャニーズ入りしており、高校は全国にキャンパスを持つ通信制に進学していた。滝沢は大学在学中の2009 年にドイツで106年の歴史を持ち、海外セレブに人気だというジュエリーブランド『Grosse(グロッセ)』のセレブカジュアルライン『GrosseGlace(グロッセ・グラッセ)』のデザイナーに就任。さらに「ELLE girl」(ハースト婦人画報社)のオフィシャルキュレーターでもあり、「JJ」(光文社)や「美人百花」(角川春樹事務所)などのファッション雑誌で“おしゃP(おしゃれプロデューサー)”として活躍しているようである。彼女の公式ブログをのぞいてみると、なるほど計算しつくされた完璧な自撮り写真のオンパレード、自己プロデュース能力が高そうな女性だ。カラコンにかなり明るめの茶髪で、黒髪薄化粧の清純派女優・瀧本とは対照的な容姿。その見た目に「ギャルみたい」「瀧本のほうが好感度ある」「チャラそうで、太輔の好きなタイプに思えない」などネットではさっそく言いたい放題の模様だ。

 だが「週女」によれば、藤ヶ谷と滝沢は高校時代から交際。滝沢は現在都内のマンションでひとり暮らしのようだが、実家に住んでいた頃は実家デートもしていたそう。藤ヶ谷も、滝沢と弟や母親といった組み合わせで食事をすることもあったのだとか。すでにお互いの家族にも紹介済みというわけだ。最近のデートはもっぱらお互いの住むマンションを行き来しているようで、滝沢が手料理を振る舞っているというのだが……。

 なんとなく、妙である。瀧本との密会を撮られてから、2週間も経過していない。わずかな間に、藤ヶ谷の“本命彼女”情報をここまでバッチリ得るには、かなり協力的な情報提供者の存在が不可欠だ。そして同誌には、藤ヶ谷が知人に語ったという「俺はジャニーズだからなかなか結婚できないと思うけど、一緒にいたいと思うのはアイツ(=滝沢)なんだよね」とのコメントや、瀧本との熱愛報道が出たことに対して藤ヶ谷が滝沢に「明日、週刊誌に載ります。ごめんなさい。でも瀧本さんとはただの友達です」と謝罪メールを送ったことなども書かれている。謝罪メールの内容なんて、滝沢が誰かに伝えなければ漏れようがない。要するにこの記事は、滝沢サイドが「本命彼女は、私です!」と堂々宣言したようなものなのである。

 こうなると、ジャニーズ事務所がどのような態度に打って出るのか俄然気になるところだ。余計な情報を流しおって……と怒り心頭か、それともキスマイの話題性UPでお咎めなしか。滝沢が藤ヶ谷にとって正真正銘“本気”の熱愛相手だとしたら、藤ヶ谷は彼女をかばいたてするだろうが、逆に、藤ヶ谷が彼女との恋にもう冷めかけていたとすれば、別れのキッカケになりかねない。滝沢はイチかバチかの大勝負に出ているのだろう。

引用元  本命はおしゃP? キスマイ藤ヶ谷の「売られる」女性関係





posted by el at 22:00 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実業家・神田うのに「自分で子育てしろ」の大バッシング





 今月初旬、ベビーシッターによる窃盗事件を公表した神田うの(40)。3歳の娘、通称「こうのちゃん」の世話をしてくれていた4人のベビーシッターのうち、最も娘がよく懐き、うのも信頼を置いていたシッターが、うの宅に保管されていたエルメスのバーキンや宝飾品を盗み、転売していたという。うのは昨年1月に警視庁赤坂署に被害届を提出し、捜査を経てシッターの女性が逮捕され起訴、裁判となり、5月14日の法廷で懲役2年4カ月の実刑が言い渡された。被告は控訴している。

 うのはこの件について、「娘に申し訳ない」と報道陣を前に涙を流したが、被害者であるにもかかわらず「同情できない」と大バッシングを浴びている。6月11日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、「4人もシッターを一雇うなんて子育て放棄だ」「ブランド品をちゃんと保管しないほうが悪い」といった炎上内容を紹介し、「(うのの実際の生活は)高級ブランドの日本法人の社長などと会食に行くことが多い」「人脈を広げるという名目で、デザイナーのドン小西と一緒にいろんなパーティに出ている」と芸能関係者の言葉を掲載。「そんな状態で、果たして子育てはできているのか」と疑問を呈している。

◎うのだから叩いていいの?

 以前、messyで『長谷川京子の離婚報道に見え隠れする「金持ちの妻は働くな」の抑圧』と書いたが、うのの場合もこの類型と言えるだろう。彼女が結婚した相手は、年商約1700億円のパチンコ関連企業「日拓グループ」の社長・西村拓郎氏。うの自身、結婚前からストッキングやウェディングドレスを展開する実業家として活躍し、巨額の富を築いている。しかし「だからもう、これ以上稼ぐな」とか、「お金があるのに、子育てを他人に任せて仕事するなんて無責任」とか、他人が批判することこそ無責任なのではないだろうか。

 ネット上でも、「家で子供と一緒に過ごす生活は、地味だけど母親として当然の務め。華やかなライフスタイルを改められないなんて母失格だ」と、彼女を非難する向きは実に強い。個人的にも、「シッター任せにしているくせに、テレビで子育て論をぶらないでほしい」という意見にはちょっと同意するところもあるし、彼女がレギュラー出演するワイドショーで世間知らずな発言を繰り返している点に関してはもちろん擁護できない。しかし、幼い子供を持つ母親は、生活費に困っていない限り、働く権利がないのだろうか。

 うのが「仕事大好き」であることや、人脈づくりに勤しむことが、なぜあたかも“悪い母親”であるかのようにジャッジされるのか、理解に苦しむ。現在以上の事業成功と発展を望み、働き続けてはいけないのか。うのの鼻持ちならないキャラクターがバッシングを誘発していることも確かなのだろうが、そもそも「叩いてもいい女」などいないだろう。

◎『そんな状態で、果たして子育てはできているのか』

 この一文の罪深さよ。大体、うの夫妻は「4人のシッターをシフト制で雇用してきた」わけだから、十分に「そんな(仕事が忙しい)状態で、子育てしてきた」と言えるはずなのだが、どういうわけか「母親自身が育児担当でない以上、子育てできているとは言えない」と断罪される。現代社会で、女性が「仕事をしたい。家族を持ちたい」というごく普通のことを同時に叶えようとすると、四方八方から想像以上の銃弾を浴びる。片や男性もイクメンであれと要求され、「子育て」のハードルは上がり続けている。そして変わらず出生率は下がり続けるだろう。

引用元   実業家・神田うのに「自分で子育てしろ」の大バッシング。「会食やパーティー三昧」は“母失格”なのか





posted by el at 21:53 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月12日

矢口真里さん ブログでの「声優の世界に憧れてる」発言に批判




6月10日、タレントの矢口真里さんがブログを更新。

スクール オブ ラグナロク
http://ameblo.jp/mari-yaguchi/entry-12037074409.html
というエントリーをアップした。

スクウェア・エニックスのゲーム『スクール オブ ラグナロク』の公式『ニコニコ生放送』に出演したという矢口さん。

セクシーすぎる声優としておなじみの、たかはし智秋さんとのツーショット写真をアップし
とってもセクシーな
声優の
たかはし智秋さんと
( ´ ▽ ` )
私も声優の世界に憧れている一人なので、色んなお話ができて、嬉しかったです
すごく優しい方でした
ありがとうございました
と語った。

同日、情報サイト『RBB TODAY』で記事となり
矢口真里「声優の世界に憧れている」……“セクシー過ぎる声優”たかはし智秋とツーショット
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1635072[リンク( http://j.mp/1C0xkYx )]
と、『ニコニコニュース』に配信される。同記事は
矢口真里「声優の世界に憧れ」
というタイトルで『niconico』のトピックスにも掲載となり、翌日11日20:30の段階でコメントが777ついていた。『ONE PIECE』や『とっとこハム太郎』で声優も務めたという矢口さん。ブログのコメント欄には好意的なコメントばかりだったが、『ニコニコニュース』のコメント欄には
「来るな」
「声優をなめんな」
「声優業界甘く見てるのかな」
といったような厳しいコメントが殺到。

「これは炎上分野における稀代の天才として歴史に名を残すレベル」
といったコメントもあったようである。


引用元  矢口真里さん ブログでの「声優の世界に憧れてる」発言に批判コメントが殺到





posted by el at 21:20 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月11日

柏木由紀と手越祐也の浴衣抱擁写真で、ネットはお祭り騒ぎに NEWS手越「付き合うって何でみんなそんな重く受け止めちゃうのかな」



11日発売の「週刊文春」にAKB48・柏木由紀とジャニーズの人気メンバー(27)との浴衣抱擁写真が掲載された。

柏木・手越のラブラブ2ショット

お相手はジャニーズ事務所きっての肉食系アイドル、手越祐也だ。

2013年秋〜2014年初めにかけて撮影された2ショットで、箱根の高級旅館のセミスイートでのお泊まり写真だという。

「双方の事務所に書面で事実確認を求めたが、期日までに回答は得られなかった」としている。

握手会から外された柏木

柏木は14日に仙台で予定されていたAKB48の握手会参加メンバーから急遽外されている。

AKB48公式サイトでは「誤植があった」と説明。だが、柏木の振り替え日程での参加はないとしている。

圧倒的な嘆きの声

ネットでは柏木ファンの嘆きの声が渦巻いている。信じていたのに裏切られたという男の純情を全開にする者。

昨冬、きゃりーぱみゅぱみゅと密会報道されるなどアイドル食いまくりの手越の辣腕ぶりに舌を巻く者も。

峯岸みなみのように丸坊主xdayを予想したり、手越の名前を伏せた「週刊文春」の配慮に疑問を投げかける者と様々だ。

一番不思議なのは、速報性が売りのスポーツ新聞のどこも報じていないこと。写真が合成でなく流出した本物であることは、間違いなさそうだ。

両者スルーで乗り切る気か?

いったいこの騒動、柏木はどうカタをつけるのか、スルーするのか。

選抜総選挙2位をとらせてくれたファンに何らかのコメントを出さないと、永遠に握手会が開けそうにない。

どちらも二人きりの旅行ではなかった模様で、おそらくこの写真は、第三者がスマートフォンのカメラで撮影したものが流出したと考えるのが自然だろう。意図的にその第三者が流出させたのか、はたまた、手越or柏木がスマホ紛失したのか……。ちなみに同誌誌面では“柏木の知人”が「この写真は一年半ほど前に、苗場と箱根で撮られたもの」と説明。この“柏木の知人”いわく、「今でも二人は仲が良く、LINEで頻繁に連絡を取っている」とのこと。

 この記事を受けてか、柏木は今週末に行われる握手会を欠席予定となった。さて、手越の方はというと、6月10日放送の『テゴマスのらじお』(MBS)で意味深な発言をしている。月イチの弁護士への相談コーナー【聞いてよテゴマス】で、「交際相手に奥さんがいることがわかってショックです。もし奥さんに私の存在がバレた場合は慰謝料など請求されるのでしょうか? 彼と別れるためのアドバイスもください」という相談者からのお便りが読み上げられた。これに法律事務所ホームワンの弁護士・中原俊明先生が回答をした後、テゴマスの2人に「じゃあアドバイスを」と振ったのだが、手越は次のように発言。

「アドバイスっていうかー、俺は前にも言ったし、冷めてるかもしれないけど、付き合うって何でみんなそんな重く受け止めちゃうのかなって思うわけ。だって別にそこに契約内容は何も発生してないじゃん、付き合っただけで」
「付き合ったとしても、片方が『付き合ってない』って言ったら解消されちゃう訳じゃん、証拠がないからそれこそ。結婚してるわけじゃないじゃん」
「(別れるためのアドバイスといっても)普通にサヨナラで終わりだと思っちゃうんだけど、何が難しいんだろ別れるのって? 別れればいいじゃん、星の数ほど男はいるから!」

 この手越の考え方に、他の出演者は「えー」と否定的であったが、彼がこういう思想の持ち主ならば、芸能人・一般人を問わず、多くの女性を抱きまくってきた超肉食系として有名なことにも合点がいく。しかも彼は恋愛禁止条例ならぬ「結婚禁止条例」の敷かれるジャニーズ事務所所属で、女性と交際しても容易に相手の結婚願望を叶えられる立場ではないゆえ、刹那的なラブ・アフェアを好むのかもしれない。

引用元  AKB柏木と浴衣抱擁のNEWS手越「付き合うって何でみんなそんな重く受け止めちゃうのかな」
「週刊文春」の柏木由紀と手越祐也の浴衣抱擁写真で、ネットはお祭り騒ぎに






posted by el at 21:25 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。